日比谷タクミ サラリーマン×投資家×起業家 "金持ちサラリーマンの3つのリテラシー"

サラリーマンのマネーリテラシー向上を応援するためのメディア。投資・お金・キャリア・暮らしに関連するトピックス発信しています。

【スポンサーリンク】

サラリーマンが経営を学ぶべき4つの理由

f:id:Meister57:20190417205555j:plain

 

こんにちは、日比谷タクミです。

今回は、サラリーマンが経営を学ぶべき4つの理由について話していきます。

この"経営"というキーワードは、実は全ての豊かで充実した生活を目指すサラリーマンとって、とても重要だと考えています。

その理由は、

「経営知識、スキルというのはかなり万能だから」

です。今後、何度か切り口を変えてご紹介していきたいと思いますが、今回は特に理由部分にフォーカスしたいと思います。

サラリーマンが経営を学ぶべき4つの理由

1、仕事で成果を出すため

例えば営業の仕事。

あなたが売る物やサービスが何であれ、そこには買う人がいます。それを買うあなたのクライアントは、会社だったり、個人であったりする訳ですが、皆等しくそれぞれの戦略や財務があります。

会社であれば「どうやって事業を成長させるか」を考え、そこに紐づく方針、戦略、財務が裏付けとしてあります。

個人であれば、多かれ少なかれ「どうやって少しでも賢く豊かに生活を送るか」と考えており、収入の制限、買い物や貯金の方針、そして現在の懐事情があります。

 

営業の仕事は、商品・サービスを通じてクライアントの課題を解決することです。そう考えると、やはり一定のクライアント理解、つまり彼らが行っている「経営」理解と、そこからの課題抽出が必要です。

よく営業での成果に関連して、「懐に入り込む」といいますが、文字通り裏にある戦略や財務を理解してクライアントと会話している、という意味です。

2、会社での昇進、昇格

サラリーマンの永遠の関心といえば、やはり昇進、昇格です。

あなたの所属している会社は、事業を運営しており、そこには経営者がいます。そのポジションに段階的に近づいていくことを、俗語で"出世"といいます。

別に出世を目的とせよ、と言っている訳ではありません。特に最近は若い世代の人の中では盲目的に出世を求めて会社に入る人は少なくなってきています。

一方で、自分が将来的に良質かつ、世の中にインパクトや価値のある仕事をして、収入も高めていこうと思ったら、形態は別としても少なからず

「自分から会社の経営に近づいていく必要」

があります。

 言わずもがなですが、上層部で経営の仕事をしている人達の中にあなたが入っていくためには、その人たちと同じくらいのレベルの経営スキル、知識が備わっている必要があります。そのためにはやはり、経営そのものを学ぶしかありません。

3、独立・副業

サラリーマンを辞めて独立する、もしくは自身でサラリーマンと平行して副業をする場合も同様です。

自分という時間的、体力的、能力的に有限な資本・アセットを投下し、

「どの領域で、何をして、誰に価値を返してお金を稼ぐのか」

を考え、実際にそれを事業にして収入を得る訳です。

大きな会社の経営者でも、
ベンチャーを起業しても、
独立の個人事業主でも、
個人の副業でも、

これは全く同じであり、等しく経営的視点が求められます。マインドセット、スタンスなども必要ですが、同時に自分の経営力が問われます。

4、投資・資産運用

投資や資産運用においても全く同様です。

金融資本という自身のアセットをどこに投資するのかを意思決定するのは、まさに経営的仕事です。

投資戦略、ポートフォリオ、市場、アセットクラス、銘柄、タイミング、量、期間をしっかり決める。投資した後はメンテしてパフォーマンスの維持、改善に努めるというのが投資・資産運用の一連の作業です。

 

「アセットアロケーションが投資リターンの8割を決める」

といいますが、戦略立案というというのは資源配分を決めることです。このアセットアロケーションというのは、ちまたで言われている戦略そのものです。どこにリソースを投下し、どこにリソースを投下しないのか?その集中と選択を考えるのが戦略であり、投資・資産運用というのは、経営の意思決定機能と、事業モニタリングそのままです。

 

また、経営というのは合理と情理の産物ですので、「どのようにロジックと感情の折り合いをつけていくか?」
について考えることが求められます。ロジックがないとビジネスが成立しません。一方で、感情がないと人が動かないからです。

 

投資もまさにロジックと感情の折り合いをどうつけるかが肝です。
「頭では分かっていても損切りできない」
「もっと上がると思うけど、怖いからもう手放そう」
といった状況をコントロールするなは、ロジックを詰め、感情をコントロールする力を身に付けるしかありません。

 

2つの経営の学び方

ここまで、本業、副業、投資・資産運用のどれを切り取っても、経営的視点、知識が必要だということをお伝えしてきました。しかし、経営というのはそもそもどうやって学べば良いのでしょうか?

主な学び方は2つです。

①経験から学ぶ

言わずもがなですが、経験に勝るものはありません。

若くして経営を経験できることが望ましいは望ましいですが、会社員としてそんなに早く経営を学ぶ機会というのは限られます。

独立して個人で会社を経営することはできますが、そもそも会社の業況を拡大できる人も一握りですし、それを維持継続できるのは人もごく一握りです。実力が伴わない状態で焦って起業しても失敗確率が上がるだけです。

②知識を学ぶ

若い世代、20代・30代がまず出来ることは現実的に「学ぶこと」に絞られます。

事業経営というのはカバーする領域が、戦略、人事、財務経理、営業、マーケ、システム、法務、製造、流通など、書ききれないほど広範囲に及びます。

組織が大きくなれば権限委譲をできるようにはなりますが、究極的には、一つ一つの意思決定への関与が求められます。経営者が全く知らないというのでは、意思決定と責任が曖昧になります。なので、本質的には最低限の各領域の知識だと思います。

経営的視点を身につけるという観点でいうと、1つ1つは深くなくてもいいので、全てのことに最低限の知識と勘所は持っていたい所です。

まとめ

今回は主に「サラリーマンが経営を学ぶべき4つの理由」について触れました。

そんなに簡単に機会が得られないのも実態ですが、仕事を通して経営の経験をできる機会があれば、ぜひ積極的に取りにいくべきです。

日比谷タクミは20代で必死に経営の勉強をして、30代前半の時に子会社のトップとして自分で経営をする機会を得ましたが、この時の経験はとても貴重な経験だったと思います。

まずは経営について知識を得るという観点から、本、オンラインコンテンツ、セミナー、大学院、資格などのさまざまな選択肢の中から現実的に選びながら学習を進めていくことをオススメします。

大なり小なりお金も時間もかかりますが、経営知識、スキルの万能性から、決して無駄にはならないと思います。

経営を体系的に学ぶ、という観点でいうと日比谷タクミのおススメは、MBAか中小企業診断士ですが、ここについては次回、別の記事で詳しく書きたいと思います。

 

 

以上、日比谷タクミでした。今回も最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m 

 

皆様のおかげでブログランキングで上昇中です。もし宜しければポチっとボタンをクリックして応援をお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

証券口座は日比谷タクミも使っている業界圧倒的トップのSBI証券がオススメです。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

▼関連記事 

【スポンサーリンク】